ひじ・腕・手の症状

 

腱鞘炎 【主な症状・特徴】
腱と腱の周りにあり浮き上がりを抑える役目を果たす腱鞘の間に起きた炎症が腱鞘炎です。
キーボードで入力をする仕事や、漫画家、作家といった特定の関節を継続的に動かし続ける場合や、関節炎・怪我が原因で生じる場合が多くなっています。 
悪化すると治療をしても再発を繰り返すようになるので、できるだけ初期段階での治療が必要となります。
また中期では、この場所を押すと痛いという痛みを感じる痛圧点が明確になり、痛み・不快感も継続的に起こるようになり日常生活にも支障が出てくるようになります。また、多くの場合この段階で初めて腱鞘炎であると自覚します。 
【主な原因】
腱と腱鞘を使いすぎることにより、その間に起こった摩擦によって炎症が起こってしまうのです。作家や漫画家などペンを持つ仕事の人、手を使った家事をする量の多い主婦などは手がなりやすいです。
また、女性の場合ホルモンバランスの変化する更年期や出産などもなりやすく注意が必要です。その人の持っている筋力にとって負荷となるレベルの運動を続けると腱鞘炎の原因となります。
テニス肘 【主な症状・特徴】
テニスをプレイする際のサーブ、ボレー、バック、スマッシュなどの動作時に痛みが走ります。
肘関節の外側と内側にそれぞれの前腕の伸筋群と屈筋群が、筋腱として骨にくっついており、ボールを打ったときの衝撃や振動が筋肉を経由し、骨の付着部分を刺激して、炎症や小さな断裂を起こすことにより、症状が発生します。
日常生活でも、ものを掴んで持ち上げたりタオルを絞ったりするなど、手首を曲げたり伸ばしたりして筋肉が伸縮すると、その衝撃や振動が伝わり、肘の外側から前腕にかけて痛みが生じます。
安静時では痛みが無い場合が多いです。症状が悪化してくると、ドアノブをひねったり字を書く際にも、痛みが走るようになってきます。
【主な原因】
テニス肘になる主な原因としては、フォームが悪かったり、ラケットが合わない、テンションが固すぎる、練習のし過ぎで体を酷使する、などが挙げられます。あとは十分な準備運動をせずにプレイしてしまうことなどです。
テニスをしない人にも症状が現れる場合があります。中年以降の方々に多く見られるのは、加齢によって筋力が弱まっているにもかかわらず、それらを酷使することで骨への付着部分が傷つくなどの原因が考えられます。
かつては調理師や主婦など、手首を酷使する人に多く見られた症状ですが、近年ではPCで文字を入力したりマウスをクリックする際の、手首を固定したままで外側にそらす動作により、手首を酷使してしまう人が増えたために患者数も増えていると推測されています。
野球肘 【主な症状・特徴】
投球側の肘の①内側、②外側(図1)、③後方(図2) に発生する投球時の疼痛〈とうつう〉が主症状であるスポーツ障害です。徐々に発症する場合が多く、慢性化しやすいため肘の疼痛が出現したら注意を要しま す。投球動作の加速期(acceleration)は肘関節屈曲、外反、前腕回外位をとります。
 内側型は肘の内側部が投球動作時に回内屈曲筋によって牽引力が加わり、回内筋群や内側側副靱帯、尺骨神経がストレッチされ、微細損傷が発生します。重症例では上腕骨内側上顆〈じょうか〉骨が牽引力によって剥離骨折を起こします。
 外側型は逆に上腕骨小頭や橈骨〈とうこつ〉頭に圧迫力が加わり、骨の壊死〈えし〉、欠損、遊離体などの離断性骨軟骨炎が発生します。後方型は減速期(follow-through)に肘伸展位で、尺骨肘頭に牽引力が加わり剥離や疲労骨折などの変化をきたします。
【主な原因】
野球によるスローイング動作、特に成長期の投手に多く発生するオーバーユース(使いすぎ)に起因します。
手根管症候群 【主な症状・特徴】
中年以降の女性で、親指から、薬指半分までの手のひらのシビレ。夜間に多く、日中は自転車に乗る、編物をする、電車やバスの吊革に掴まるといった動作で症 状が強くなります。手の甲側はシビレません。症状が進行すると、指の感覚が鈍くなり、細かい物を掴む(例えば机の上のパン屑を拾う)ことができない、さら に進行すると、財布の小銭も見なければ掴めないといった状態になります。また、この頃になりますと、親指の付け根の筋肉が痩せます。
【主な原因】 
多くは交通事故によるけがや骨折が原因となりますが、腫瘍や神経の炎症、糖尿病や甲状腺機能低下症などを原因として引き起こされることもあります。
正中神経のどこかの部分が圧迫されることによって引き起こされます。どこの部分でも圧迫は起きる可能性がありますが、特に神経が損なわれやすいのは、手首にある手根管という部分を通る正中神経です。ここは骨と靱帯に囲まれた狭いトンネル状になっているため、少しの圧迫でも神経に影響が出がちです。

肘部管症候群

【主な症状・特徴】
何かの拍子に肘をぶつけて、指先がしびれた経験はあるのではないでしょうか。これは尺骨神経が刺激されたことにより起こる現象で、刺激が持続した状態が肘 部管症候群です。症状は麻痺の進行により異なりますが、初期では小指と薬指、手のひらの小指側(尺側)にしびれが現れます。麻痺が進行するに従い手の筋肉 がやせ、小指と薬指を伸ばすことが難しくなり鉤指が現れます。  
筋力が低下すれば、指を開いたり閉じたりする運動が困難になり、指をうまく伸ばし合わせることができなくなります。洗顔時に指から水がもれたり、箸をうまく使用できなくなることもあるため、早めに医師の診断を受けることが重要です。
【主な原因】
肘部管症候群の原因は、肘関節の後ろ側にある尺骨神経が慢性的に圧迫されることによりしびれや知覚障害が現れます。 
圧迫の原因として考えられるのは、靭帯の肥厚、ガングリオン嚢腫、骨が隆起した骨棘などです。また、骨折の後遺症で肘が変形したり、スポーツ選手や職人などが肘関節を酷使したりすることでも発症します。  
しかし、特にこのような原因がない場合でも発症するケースは少なくありません。軟部腫瘍などの病気が原因で発症することが多いため注意が必要です。肘関節の内側を叩いて小指と薬指に電気が走るような痛みを感じるようであれば、肘部管症候群の疑いがあります。

関節リウマチ

【主な症状・特徴】
関節の場合は、指や手首などの関節部分に痛みや腫れが現れ、患部は熱を持つ場合もあります。腫れると数週間から数カ月持続する場合があり、関節が動かしに くいという自覚症状から始まり、朝は如実にこわばりを感じます。また昼寝や同じ姿勢で関節を動かさないことによりこわばりが見られるのも特徴です。痛みが 現れ、改善されそれを繰り返すことによって慢性化していきます。
天気の悪い雨の日などに痛みが現れるのも特徴の一つといえます。関節以外の症状としては、体重減少や食欲低下、疲れやすいという症状が見られます。
【主な原因】
関節リウマチは、原因不明の疾患ですが、自己免疫の異常による自己免疫疾患とも考えられているため、ストレスなどを避ける生活を送ることも重要とされてい ます。